1

地名アラカルト / 犬塚 幸士

 

 四国に住む友人から手紙をもらった。住所は四国中央市となっている。以前は伊予三島市だった。

 

 四国の北端にあって、対岸の大三島とならび三島水軍の根拠地の一つということだったから、それなり

 

に由緒のある地名であると思っていたら、市町村合併が実行

 

されて旧名の面影など片鱗(へんりん)ものこさない名前にか

 

わってしまった。それにしても四国中央市とは、規模の壮大な

 

名前をつけたものである。

 

日本人は、中央という言葉が好きなのかもしれない。

 

 〈中央という名前は、最近の合併でやたら各地でつかわれる

 

ようになったなあ…〉と思っていたら、東京でも平成の大合併

 

以前からたくさんつかわれているのを最近知って驚いた。

 

 地名辞典で調べてみると、中央区は別として足立区中央本町、江戸川区中央、大田区中央、中野区

 

中央、目黒区中央町、武蔵村山市中央などがある。

 

 山梨県にも中央市という陳腐な名前の市ができた。

 

 私の住む神奈川県海老名市にも、すこし前までは田圃(たんぼ)だった駅前一帯に中央という名がつけ

 

られた。はじめは「田圃のなかの中央か…」と笑っていたが、そのうち家やビルがどんどんたっていって、

2

 

いまや市内随一の繁華街になってしまった。いやそれどころか、厚木市や大和市など近隣の従来型の

 

繁華街の集客力さえ奪いつつあるという。

 

 日本人は中央という名前と同時に、旧国名も場所の名前にすることが好きなのかもしれない。意外に

 

保守的な性格なのだろうか。JR中央線には、甲斐と大和という旧国名を二つ重ねた甲斐大和という

 

気宇壮大な駅名をもつ駅がある(注、山梨県甲州市大和町初鹿野にある)。

 

 「どうして?」と質問したら、「合併するにあたって、そのような駅名にしろと、地元から強い要望があった

 

から」という返事だった。この駅は、長大な笹子トンネルと日影トンネルの二つの間に挟みこまれた小さな

 

田舎駅とくるから、恐れ入る。ついでながら、旧駅名は初鹿野(はじかの)という優雅な名称だった。しかし

 

ながら場所的には、かって武田信玄麾下(きか)の初鹿野一族が支配していた小集落の名に過ぎなかっ

 

たので、地元大和村は名称変更にあたっ

 

ては総力あげて運動したらしい。鳥沢、

 

猿橋、大月、初狩、笹子、初鹿野と、王

 

朝絵巻に見るような美しい駅名が続いて

 

いたのに残念である。

 

 平成の町村合併は、明治維新以来の

 

地名に革命的な変更をもたらしたようである。地方自治体の為政者もさぞかし苦労をしたことだろう。

 

 

 山梨県では甲斐市と甲州市というのがある。山梨県は律令下では甲斐の国だったし、甲州はその別称

 

だからかまわないとしても、旧国名を二つもつかって市を二つ誕生させるとは山梨県もがんばったもので

 

ある。静岡県の伊豆市、伊豆の国市も同じである。

3

 

 その他、旧国名をつかうようになった市はたくさんある。豊前市、伊予市、越前市、阿波市、出雲市、

 

日向市、摂津市、飛騨市、伊勢市、安芸市、備前市、筑後市、下野市、さぬき市、いわき市、むつ市、

 

大和市などである。

 

 旧国名の一部を利用した市がある一方で、飫肥(おび)という優雅な旧名から変わった日南市などは

 

定着をしてしまって不自然さを感じさせない。

 

 だから、「地名は文化遺産だから」声高に言いつのって目クジラを立てる必要はないのかもしれない。

 

 島根県にある雲南市などは中国を連想してしまって仕方がないが、これは律令制下の呼び名である

 

出雲の国南部から発想した名前だから、それなりの理由づけはできる。そのうち人々は慣れるだろう。

 

すべてはときが解決をしてくれる。地名は単なるネーミングである。その土地の住民が納得すればそれ

 

がベストだと言わざるをえないから、歴史的な文化遺産の喪失だと嘆く必要などないのかもしれない。

 

 最後に、評価は別としてその独創性から私が傑作だと思う例を二つ挙げたい。一つは山梨県南アルプ

 

ス市で、もう一つは長野県の東御市。後者は「とうみ市」と読む。「とうご市」ではない。

 

 前者は三千メートル級の白根三山や千丈ヶ原を市の区域に抱えているから、雄大な南アルプスを名の

 

るのに、いかにもふさわしい。後者は実にあっさりとした妥協の産物で、東部町と北御牧村(きたみまきむ

 

ら)の二つを足して二で割っただけのものである。

 

 

 私はその昔、中学一年生だったころ日本地誌が得意な科目だった。昭和一九年(一九四四)の陸軍

 

幼年学校入試問題に、「つぎの地名につき、知るところを述べよ。@撫養(むや)、A今治(いまはる)」と

 

いうのがあった。今治はいまでもあるが、撫養はどこに行ってしまったのだろうか。

 

 いまは遠い昔の思い出である。(了)。

 

 

注)撫養について。徳島県鳴門市撫養町として現存。JR四国鳴門線の駅の名前でもある

 

  
−Copyright (c) 2008-2012. Kashinokikai. All rights reserved.−