1

春が待たれる / 北崎 理子

 

 瞬く間に一年が過ぎ、一月の二日、三日と箱根駅伝

 

のテレビ中継を見る。ヘリコプターの音が聞こえてくる

 

と、ランナーが私の住んでいる茅ヶ崎に入ってくる。

 

富士山と海岸がテレビの画面に映しだされ、海の青

 

と冠雪の白が新春らしくすがすがしい。これからが冬

 

本番である。

 

 そして、大寒がすぎるころ、もうじき春になると思う

 

と、かえって待ち遠しくなるものだ。

 

 古今和歌集にこんなうたがある。

 

 冬ながら春の隣の近ければ 中垣よりぞ花は散り

 

ける 清原ふかやぶ「明日春立たむとしける日、隣の

 

家の方(かた)より風の雪を吹きこしけるを見て、その隣へよみてつかはしける」と説明されている。

 

 「冬だけれど、春の隣も近いので」といって、隣家の主人にあいさつの歌を贈っている。「春の隣」がなん

 

ともいえずしゃれている。

 

 立春になれば、どんなに寒くても春の気配がいたるところにたちこめる。寒さに耐えて庭の水仙も三輪

2

 

の花をつけた。土を押し上げて黄緑の蕗の薹が覗いた。さっそく収穫してといっても、去年と同じたった

 

ひとつだけ、刻んでお味噌と和えて蕗味噌をつくり、早春らしい香りとほろ苦さを味わったのに、「今年は

 

寒さが厳しいので、春の足音は先のことです」と、気象予報士の言葉がテレビからながれてきた。

 

 茅ヶ崎は東京より二度ぐらい気温が高い。雪も花びらのように舞ってもすぐ消えてしまう。それでも明る

 

い光、暖かな風が待たれる。季節は少しづつ、微妙に変化していく。陰暦

 

二月の如月は、広辞苑によれば「生更ぎ」の意味で草木の更生すること

 

をいうと記されている。陽暦では三月にあたる。

 

 西行は「願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」と

 

詠み、願いどおり如月十六日に逝った。河内国、今の大阪府の東部で

 

没したが、この時期は、まだ寒かっただろうと、勝手に考えてしまうが、陰暦二月半ばに咲く桜はどんな

 

種類だったのか・・・・・・。

 

 如月の語から暖かいというイメージよりは、大気は冴えかえり、身の緊(し)まるような清浄な春浅い冷た

 

さを感じる。私には次のうたがぴったりとくる。

 

 しみじみときょうふる雨は きさらぎの春のはじめの 雨にあらずや       若山 牧水

 

 繊細な季節感がこめられ、春が待たれるようすがしんみりとする。だれの人生にも季節の記憶があるか

  
−Copyright (c) 2008-2012. Kashinokikai. All rights reserved.−