1

カイツブリ / 児玉 和子

 

 四国の香川県にはたくさんの池がある。弘法大師が水不足の対策として池を掘り、農業用水とする

 

知恵をさずけたそうだ。

 

 私が高松に住むようになってから友人となった女性は、こうした池のすぐそばに家を建てた。彼女の夫

 

君は普請中に救命用具の浮き輪を買ってきて、それを外壁(そとかべ)にぶらさげた。救命用の浮き輪と

 

いえば、空気を吹きこんでふくらませるビニール製の浮き袋のようなシロモノではなく、連絡船などのデッ

 

キにとりつけてある本格的な救命用具である。

 

 「ゆうべ喧嘩してしまったの」こんな出だしで、彼女はそのわけを私に話した。夫君は、「ここに家をかま

 

えるかぎり、池に落ちた人をたすける責任がある」と言い、その考えから救命用の浮き輪を買ってきたそ

 

うだ。

 

 彼女は、「なにもそこまで責任を感じなくても…。出費のかさむ折もおり、

 

こんなに高価なものを」と反発し、こうした考えのくいちがいからの喧嘩だっ

 

たそうだ。

 

 ほどなくできあがった家は、池も周囲の野原も、遠くにつらなる山々も借景

 

としてとりこみ、友人一家はのどかに暮らしはじめた。

 

 池にはいぜんから、十数羽のカイツブリが住みついていた。カイツブリたち

2

 

は、たえず身をひるがえして水にもぐったり、仲間を追いまわしたりする。体長二〇数センチ、ハトくらいの

 

大きさで、成鳥でもアヒルのオモチャのようにあどけない姿にみえる。

 

 夏休みのある日、救命用の浮き輪は池になげこまれることになった。

 

 彼女の夫君が散歩からかえってくると、音もなく池面(いけも)がさわいでいる。捕虫網が浮いていた。

 

夫君はとっさの判断で救命用の浮き輪を池になげこみ、「おいッ、来てくれッ!」と家にむかって叫ぶやい

 

なや、身をおどらせて水に飛びこんだ。

 

 やがてグッタリとした男の児をかかえて夫君が浮き輪に捕まったとき、なにごとならんと走りでてきた

 

彼女は一瞬にして状況を理解し、浮き輪につながっているロープをひっぱって二人を岸に寄せた。

 

 やがて生気をとりもどした男の児は、小学校二年生だった。駆けつけてきた親にしかられながら、「家で

 

飼いたかったんだ」といったそうだ。トンボを追っていた少年は、カイツブリの愛らしい姿に惹(ひ)かれて

 

捕ろうとし、池におちた。友人はこの話をしたあと、「浮き輪を買ったときには喧嘩をしちゃったけど、先を

 

読んだわが亭主を尊敬しちゃった」と、テレながら感想をもらした。

 

 カイツブリはなんの意図もなく無心に泳いでいた。だがその姿は少年の心をとらえ、一命さえも奪いか

 

ねなかったと思ったとき、私は愛らしい姿や、美しい姿といった具象の裏にひそむ魔力のようなものを

 

感じないではいられなかった。(完)。

 

  
−Copyright (c) 2008-2012. Kashinokikai. All rights reserved.−