1

私の庭は秋/児玉 和子

 

 このところ、ぬけるような秋空をみせていた日が続いたが、昨夜はひさしぶりの雨に恵まれ、雨上がりの

 

朝の庭に薄日がさしている。モチの木にカラスウリが赤く熟れた実を絡ませ、柿の葉は色づき始めてい

 

た。

 

 この夏は流行のグリーンカーテンとやらを楽しむことにして、ゴーヤの蔓(つる)を我が家の南の軒下に

 

はわせてみた。実がなれば食用にもなるというから、一石二鳥を狙ったのである。私はどうも園芸が下手

 

なのだが、ゴーヤはそれでも申し訳のように、スリムな実をいくつかつけてくれた。

 

 夏の間、私は庭を夏草のはびこるままに放っておいた。だが秋になって、やっと枯れ草をかたづける気

 

になった。まずゴーヤ棚を取り払うことにした。草の陰にとりわすれた小さなゴーヤが二個、中ほどが割れ

 

てマッ赤な種が濡れて鮮やかに光っていた。

 

 ドキリとさせられるような真紅(しんく)の色は、どこかで見た気がする。記憶をよびもどしていたら、テレ

 

ビで見たドキュメンタリー番組の「ホトトギスの託卵(たくらん)」にたどりついた。広辞苑によると、「ホトトギ

 

スがウグイスの巣に卵を生むように、ある鳥が他の鳥の巣に産卵し、その鳥に抱卵、育雛(いくすう)させ

 

ること」とある。

 

 

 ホトトギスはヨシキリの巣にも、卵を産む。巣に生み落とされた卵からホトトギスのヒナがかえると、ヒナ

 

はヨシキリの卵を背のくぼみに載せて巣の外にほうりすてる。もしヨシキリのヒナがかえったら、ホトトギス

2

 

のヒナはそのヒナを巣の端まで追いつめて、外に追い落としてしまう。ホトトギスのヒナは、まだ羽根も

 

生えていなければ眼もあいていない。それなのにすさまじい生存本能で巣を独り占めにし、マッ赤な口を

 

空に向かって開いてヨシキリの親鳥に餌をねだって鳴く。その姿は見るだにあさましく、おぞましい。だが

 

生まれ出ずる前から本能にすりこまれた残酷な野性は、ひたすらにおのれの命のために餌を求める。そ

 

んな赤い口に、ヨシキリの親鳥はせっせと餌をはこぶ。「ヨシキリには、このような赤い色を見ると、餌を

 

はこびたくなる本能が組みこまれている」とナレーションがあった。天の配剤といえばそれまでだが、「そ

 

れではヨシキリの種の存続はどうなるのだろう・・・」と、私はテレビの画面を見ながら思わず考えてしまっ

 

た。

 

 残酷さにおいては、モズも負けない。カエルを捕らえて木の

 

枝などに突き刺す「百舌の速贄(モズのはやにえ)」がある。

 

私は青春時代の四年間を田舎で暮らしたが、秋にかんだか

 

い声で鳴くというモズの声も、和歌などで優雅に詠(うた)わ

 

れるホトトギスの鳴き声も聴いたことがない。彼らは、私の庭

 

を訪ねてくれることもない。来てくれるのは、メジロ、シジュウガラ、ウグイス、ヒヨ、ツグミ、ジョウビタキな

 

どの鳥たちである。庭には秋の陽射しがうららかにさしている。冬ならばこんな陽射しの午前中には、

 

野鳥たちがすでににぎやかに飛来しているだろう。除草がすんであらわになった陽だまりの地面で、スズ

 

メの群れが餌をついばみ始めた。枯れ草を取り除いたとき、雑草の種でもこぼれ落ちたのだろうか。

 

 

 私は庭を「暖、寒」というように、大雑把(おおざっぱ)に二季に分けている。〈夏草のはびこるままにまか

 

せて・・・〉などと無精(ぶしょう)をさらしたが、放置するにもそれなりの訳があって、風に運ばれたのか、鳥

3

 

の糞に混じっていたのか、ときおり夏草の中には思いがけない野草が背をのばしていることがある。予想

 

だにしなかった野草が夏風にゆれる姿を眼にするのは、私のひそやかな楽しみでもある。滅(ほろ)んだ

 

と思っていた野草にひさしぶりに出会ったりすると嬉しくなって、少女のように胸がときめく。そんな訳で、

 

他人さまから見れば荒れ果てた庭にしか見えない私の庭にも、「それは私の遊び心、風流のなせるわざ

 

なのだ」という理由づけがちゃんとなされている。

 

 この庭は私が独占しているつもりなのだが、実はノラ猫どもが共有している。猫は猫どうし、口コミで伝

 

えられていくらしく、入れ替わり立ち代りニューフェースが悠然とわが庭をとおっていく。ネコどもは庭の隅

 

をトイレにしているのだ。又、恋の季節にはひときわ夜が騒がしくなり、朝になると鉢植えの草花などが

 

倒れたりしていて、「つわもの共の夢のあと」という景観を呈している。雨上がりで草が濡れているときな

 

ど、猫どもは濡れた草をよけながら「草むしりくらいしたらどうだ?」といったいまいましげな風情を見せな

 

がら、とおりすぎていく。そんな場面に出くわすと、私はなんとなく溜飲(りゅういん)が下がるのを覚えるの

 

である。(完)。

  
−Copyright (c) 2008-2012. Kashinokikai. All rights reserved.−