1

夏の小袖/児玉 和子

 

 陽が落ちた。猛暑を避けて家でクーラーづけになっていた私は、ぶらりと散歩に出た。向こうから浴衣

 

(ゆかた)を着た幼い女の子が三人、若い母親たちに手をひかれ、金魚の入ったビニール袋をさげて、

 

はしゃぎながらやってきた。〈そうだった。 今日はこの街の氏神、氷川神社の礼大祭だった〉。

 

 夏祭りの宵(よい)らしく、遠くから太鼓の音も聞こえている。子供が成人してしまったいま、祭りには縁遠

 

くなってしまったが、浴衣姿の女の子たちは、娘の美和子が三歳児だったころのある夏の夕方を、私に思

 

い出させた。

 

 

 その日は真夏日だった。私は早めに庭に水を打ち、娘の美和子に行水(ぎょうずい)をさせようと準備を

 

していた。「行水」と書いたがいまの若い人に娘の「行水の図」が想像できるだろうか。かつては木造りの

 

盥(たらい)に水をはって、夏の夕暮れどきなど風呂場や内庭で水を浴びたものである。いまではタライも、

 

ポリエチレンになってしまった。

 

 それはさておき、そのとき隣家の娘で遊び仲間の幸子ちゃんが浴衣姿でやってきた。同じ幼稚園にか

 

よう仲よしで、なにかと影響されあう間柄である。

 

 「美和子ちゃん、ホラ」幸子ちゃんは赤い花模様の両袖をひろげて、得意そうにくるりと回って見せると

 

サッと身をひるがえして去っていった。

2

 

「美和子もあんなの着たい」。娘は私の恐れていたことを、すぐに口にした。さて困った。娘に浴衣はない。

 

「あれは着ると暑いのよ」と言ってみたが、三歳児といえども女の端くれ、「暑くてもいい」とゆずらない。こ

 

の願いをかなえてやらないと欲求不満がのこると判断した私は、母が贈ってくれた三歳祝いの綿入れ

 

友禅の着物を箪笥(たんす)から取り出した。綿入れチャンチャンコとのアンサンブルである。いまならさし

 

あたりダウンジャケットにダウンのベストというところか。

 

 娘は華やかな友禅模様に目を輝かせた。私は着物に汗がつかないようにワンピースの上から着せ、

 

チャンチャンコもかさねた。そのほうが早く降参するだろうという計算である。娘は大喜びで姿見の鏡の前

 

に立ち、幸子ちゃんよろしく両袖をひろげると、くるりと体を回した。「美和子ちゃん、かわいいわね」と私は

 

言ったが、娘はすでにそんな私の言葉など耳に入らない状態になっていた。マッ赤に熟れたホウズキの

 

ような顔で「ミワコ…もういい」額に汗をうかせ、やっとそれだけ言った。すかさず「ネ、暑かったでしょ」と、

 

私は言った。娘は小さくうなずいた。

 

 私は見るだに暑い綿入れの友禅をぬがせ、風呂場に連れて行って汗をながしてやった。〈愛娘(まなむ

 

すめ)にたいして、大人の悪知恵を働かせた…〉という後ろめたさもはたらき、「美和子ちゃん、お姫様み

 

たいだったわよ」と、私の負い目はお世辞になった。娘は体を水であらわれながら、嬉しそうに「ウン」と

 

笑顔を見せた。

 

 その娘も、いまや五十を過ぎた。「夏の小袖」という諺は、夏に小袖をもらっても「暑くてきられない」転じ

 

て「役に立たない」という意味だが、この綿入れ友禅は、夏というのに娘を満足させ、その母親の急場も

 

救い、大いに役立ってくれたのである。(了)。

  
−Copyright (c) 2008-2012. Kashinokikai. All rights reserved.−